会社概要
生きてる家ログハウス

当社は、ログハウスに取り組んで25年になります。日本の気候風土で育った国産ログ材は、建築後環境になじむために呼吸し変化していきます。最初のうちは、収縮し壁全体が下がってきますが、これもログハウスが生きているからです。特に、外壁やベランダは、ログハウスの特徴であると同時に雨風にさらされ最も気を配らなければならない場所。これも定期的なお手入れ・塗装をする事で、いつまでも鮮やかな木目を保つ事ができます。このように、ログハウスで快適に暮らすにはいくつかの約束が必要になります。それは大切な楽器や愛車に対する気持ちと同じで、住む人・使う人の個性があらわれる本物の証です。

耐震実験・防火構造

日本ログハウス協会では、7月11日につくば市の土木研究所において、ログハウスの実大振動実験を行いました。1回目が中地震レベル、2回目が阪神・淡路大震災級の巨大地震の実験でした。外観の変化は、内外に長さ10~15cmの亀裂が2箇所ずつ入った程度でした。加振中の建物の揺れは大きなものでしたが、建物の傾きが数mmと亀裂が数箇所というもので、巨大な地震波でもログハウスの安全性が確認されました。

平成12年の法改正により、木造の建築物であっても必要な防火性能が満たされれば、防火地域、準防火地域でも一定規模以下のものならば建築が可能となったことから、防火性能ログの開発を進め、当社は丸太組構法外壁防火構造(30分耐火)の認定を受けました

知られざるログの秘密

ログハウスは使用する木材や建築の工法により、他の住宅より優れている点が多数あります。

その1:どっしりとした木材が地震から守る
ログハウスは大きな木材を幾重にも重ねて作り上げるので、地震などの揺れにも強く、住宅の寿命も長く保つことができます。

その2:断熱材に匹敵する天然のエアコン機能
木には断熱材などの人工素材に匹敵する断熱性をもっています。

その3:目にやさしく、良い肌触り
住まいの中で、直接肌に触れることで感じる快・不快の感じには建築材料によって微妙なものがあり、この肌ざわりは、快適に住むうえでは非常に大切です。 木は適当な弾力性と適度な硬さという点でも優れています。

※モデルプラン
国土交通省より「防火認定30分」の認定を取得しています。この認定により当社のログハウスは準防火地域でも建設が可能です。認定番号(PC030BE-0484)

※イメージパース


クリックすると拡大します。

平屋建モデルプラン
床面積:21.5坪 ロフト:2.0坪 テラス:4.0坪

 
クリックすると拡大します。

2階建モデルプラン
1F床面積:15.0坪  2F床面積:12.0坪 延べ床面積:27.0坪
テラス:5.0坪 バルコニー:3.0坪

【共通仕様】
ログ材 : 国産杉角ログ
基礎:鉄筋コンクリートベタ基礎
屋根:カラーベストコロニアル葺き
外部建具:ペアガラスサッシ(網戸z共)
内部建具:木製無垢ドア(玄関ドア共)
妻壁:杉板又は防火サイディング貼り
床板:パイン又は杉無垢縁甲板貼り
間仕切壁:パイン又は杉無垢縁甲板貼り
天井:パイン又は杉無垢縁甲板貼り
◎設備機器
・ユニットバス
・洗面化粧台
・システムキッチン
・洋式水洗トイレ
・ガス給湯器
・照明器具
・シーリングファン
・テレビインターホン

丸ログ施工例

角ログ施工例

お問合せ・資料請求

リフォーム

リンク

一般社団法人ログハウス協会

日田ログハウジング協同組合

財団法人住宅保証機構

春日保険設計

和田建設株式会社

〒811-1213
福岡県筑紫郡那珂川町中原3-136
TEL:(092)953-1001
FAX:(092)953-3362
ミニログハウスキットやウッドデッキを 自由設計で製造販売及施工も致しております。
Coryright(C)2010 和田建設株式会社. All Right Reserved.